1. HOME
  2. 認定地域資源
  3. 歴史
  4. 日光東照宮神事流鏑馬

認定地域資源

歴史

日光東照宮神事流鏑馬

疾走する馬の上から鏑矢を放って的を射止める馬上武術です。射手装束を着た若武者達が、長さ約200mの馬場に並んだ3つの的を「陰陽射(いんようい)」という掛け声とともに狙い射抜きます。

日光市ホームページ

特徴・こだわり・ エピソード 流鏑馬は、約900年前に朝廷の護衛にあたった武人等によって行われていたものです。源頼朝卿が鶴岡八幡宮の神前に奉納していましたが、室町時代には衰退し、八代将軍徳川吉宗公が復興させました。5月17日と10月16日に表参道の特設馬場において、小笠原流による「日光東照宮神事流鏑馬」が奉納されます。馬を繰る射手の妙技は一見の価値があります。
開催時期 毎年5月17日、10月16日
お問い合わせ 日光市観光協会日光支部
TEL 0288-54-2496
場所 日光市山内(日光地域)
その他 読み:ニッコウトウショウグウシンジヤブサメ
日光東照宮神事流鏑馬
このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

日光ブランドをチェック!!

お問い合わせ先

所 属
:総合政策課秘書広報課
シティプロモーション推進室
電話番号
:0288-21-5135
FAX番号
:0288-21-5109
ページの先頭へ戻る