1. HOME
  2. 認定地域資源
  3. 歴史
  4. 日光二荒山神社中宮祠

認定地域資源

歴史

日光二荒山神社中宮祠

中禅寺湖の北岸に鎮座する神社です。奈良時代、延暦3(784)年に勝道上人が二荒権現を祀る社殿を建てたのがはじまりです。本殿・透塀・唐門・拝殿・浜鳥居は重要文化財に指定されています。

特徴・こだわり・ エピソード 男体山頂上の奥宮と山内の本社の中間にあるので中宮祠と呼ばれています。本殿右側には男体山への登山口があり、登拝門は毎年5月5日から10月25日までの半年間だけ開けられます。男体山や女峰山等の山々も境内地であり、その広さは3400haと、伊勢神宮に次いで広い敷地です。境内にはパワースポットである幸運の杜や良縁をもたらす松の木があります。
お問い合わせ 日光市観光協会日光支部
TEL 0288-54-2496
場所 日光市中宮祠(日光地域)
その他 読み:ニッコウフタラサンジンジャチュウグウシ

国指定重要文化財(建造物):本殿、透塀、唐門、拝殿、浜鳥居
日光二荒山神社中宮祠
このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

日光ブランドをチェック!!

お問い合わせ先

所 属
:総合政策課秘書広報課
シティプロモーション推進室
電話番号
:0288-21-5135
FAX番号
:0288-21-5109
ページの先頭へ戻る