1. HOME
  2. 認定地域資源
  3. 歴史
  4. 旧日光田母澤御用邸

認定地域資源

歴史

旧日光田母澤御用邸

日光出身の銀行家、小林年保の別邸に、旧紀州徳川家江戸中屋敷の一部を移築し、大正天皇(当時 皇太子嘉仁親王)のご静養地として造営されたものです。現存する明治・大正期の御用邸の中では最大規模です。

日光田母沢御用邸記念公園ホームページ

特徴・こだわり・ エピソード 江戸後期・明治・大正の三時代の建築様式を持つ建物です。平成15(2003)年に国の重要文化財に指定されました。建築床面積は4,471平方メートル(約1,360坪)で、3階を除くすべての屋根が一つにつながっています。御車寄(玄関)、御玉突所(ビリヤード・四ツ玉)・謁見所(陛下が公式の来客との面会に使用する部屋)があり、当時の建築技術や皇室文化を垣間見ることができます。秋には音楽祭が開催されます。
開催時期 秋の音楽祭(毎年9月〜12月までの特定日)
お問い合わせ 日光田母沢御用邸記念公園
TEL 0288-53-6767
場所 日光市本町(日光地域)
その他 読み:タモザワゴヨウテイ

国指定重要文化財(建造物)
ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン ☆
日本の歴史公園100選
旧日光田母澤御用邸
このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

日光ブランドをチェック!!

お問い合わせ先

所 属
:総合政策課秘書広報課
シティプロモーション推進室
電話番号
:0288-21-5135
FAX番号
:0288-21-5109
ページの先頭へ戻る