1. HOME
  2. 認定地域資源
  3. 歴史
  4. 日光山輪王寺 強飯式

認定地域資源

歴史

日光山輪王寺 強飯式

日光山だけに伝わる古い儀式です。修験者の姿をした強飯僧が、山盛りのお椀を強飯頂戴人に差し出し、「75杯1粒残さず食べろ」と責め立てることから「日光責め」とも呼ばれます。毎年、4月2日に開催します。

日光市観光協会ホームページ

特徴・こだわり・ エピソード 奈良時代から伝わる独特な儀式です。山岳修行の山伏が、山中のご本尊に供えたお供物を里の人々に分かち与えたことがはじまりと伝えられています。江戸時代には、徳川将軍家の名代や十万石以上の名だたる大名が、「わが藩の名誉」として強飯頂戴人に名を連ねました。強飯頂戴の儀では、平伏した頂戴人の頭に大飯椀をのせ口上をもって責めたてます。最後に儀式で授かった縁起物を参拝者へ向けてまく「がらまき」があります。
開催時期 毎年4月2日
お問い合わせ 日光市観光協会日光支部
TEL 0288-54-2496
場所 日光市山内(日光地域)
その他 読み:ニッコウザンリンノウジゴウハンシキ
日光山輪王寺 強飯式
このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

日光ブランドをチェック!!

お問い合わせ先

所 属
:総合政策課秘書広報課
シティプロモーション推進室
電話番号
:0288-21-5135
FAX番号
:0288-21-5109
ページの先頭へ戻る