認定地域資源

自然

裏見ノ滝

大谷川の支流である荒沢川の上流にある高さ約20mの滝。滝の裏に不動明王が祀られています。
かつては、滝の裏側から滝を見ることができたのが、その名の由来です。

特徴・こだわり・ エピソード 1689年(元禄2年)松尾芭蕉が奥の細道の行脚で訪れ、「暫時(しばらく)は 滝に籠るや 夏(げ)の初(はじめ)」の句を詠みました。(句碑は安良沢小学校にあります。)
華厳ノ滝、霧降ノ滝とともに日光三名瀑です。
お問い合わせ 日光市観光協会日光支部
TEL 0288-54-2496
場所 日光市
その他 読み:ウラミノタキ

日光三名瀑のひとつ(華厳ノ滝、裏見ノ滝、霧降ノ滝)
とちぎの景勝百選、日光水のある風景百選

自然分野25-002号
裏見ノ滝
このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

日光ブランドをチェック!!

お問い合わせ先

所 属
:総合政策課秘書広報課
シティプロモーション推進室
電話番号
:0288-21-5135
FAX番号
:0288-21-5109
ページの先頭へ戻る