1. HOME
  2. 認定地域資源
  3. 自然
  4. ラムサール条約登録湿地 「奥日光の湿原」

認定地域資源

自然

ラムサール条約登録湿地 「奥日光の湿原」

湯ノ湖、湯川、戦場ケ原、小田代原のうちの260.41ヘクタールが「奥日光の湿原」として2005年、ラムサール条約湿地に登録されました。
全域が国立公園に指定されており、自然公園法等によって保全が図られています。

日光市ホームページ

特徴・こだわり・ エピソード 戦場ケ原では、ワタスゲ、レンゲツツジ、ホザキシモツケ等の100種類以上の湿原性植物の生育が確認されています。
小田代原は、湿原から草原へと遷移課程にあり、湿原性植物の他、草原性植物の生育が確認され、多様な植物相を有しています。
湯ノ湖は、湯滝付近でアズマシャクナゲの群生が分布しています。また、キンクロハジロ、ヒドリガモなどの渡り鳥にとっての重要な場所となっています。
場所 日光地域
その他 読み:ラムサールジョウヤクトウロクシッチオクニッコウノシツゲン

とちぎの景勝百選
ラムサール条約登録湿地 「奥日光の湿原」
このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

日光ブランドをチェック!!

お問い合わせ先

所 属
:総合政策課秘書広報課
シティプロモーション推進室
電話番号
:0288-21-5135
FAX番号
:0288-21-5109
ページの先頭へ戻る