認定地域資源

自然

渡良瀬川

足尾・皇海山を源流とする川。
(利根川水系利根川支流の一級河川)
栃木県三大河川のひとつに数えられ、流域面積は2,621平方キロメートルです。
上流は松木川、後に神子内川と合流してその水量を増します。

日光市ホームページ

特徴・こだわり・ エピソード 渡良瀬川の名は、奈良時代、日光を開山した勝道上人が修経の途中この川を渡ろうとしたところ、浅瀬を見つけて「渡良瀬」と名づけたことに由来すると伝えられます。
また、水力発電等により産業近代化にも貢献しました。
下流には草木ダムがあり、さらに南下するにつれて大小いくつもの川と合流しながら茨城県古河市の先で利根川に入ります。美しい清流は、多くの釣り人や観光客を楽しませています。
場所 足尾地域
その他 読み:ワタラセガワ

栃木県三大河川
渡良瀬川
このエントリーをはてなブックマークに追加

大きな地図で見る

日光ブランドをチェック!!

お問い合わせ先

所 属
:総合政策課秘書広報課
シティプロモーション推進室
電話番号
:0288-21-5135
FAX番号
:0288-21-5109
ページの先頭へ戻る